『EMILI(エミリ) CBD』とはどんな電子タバコ?商品詳細や販売店、口コミなどを紹介

更新日:

電子タバコなどオリジナル製品を企画販売しているEMILI(エミリ) JAPAN。

話題のCBDを手軽に摂取できる新シリーズ、『EMILI(エミリ) CBD』が発売されました。

CBDとは、麻の主成分であるカンナビジオールのことで、リラックス効果があると世界で注目を集めており、医学・薬学的研究論文が数多く発表されています。

このページでは、そんなCDBが手軽に摂取できるEMILI(エミリ) CBDを紹介します。

\ すぐに商品を見たい方はコチラ /

EMILI(エミリ) CBDってどんな電子タバコ?

EMILI(エミリ) CBDがどんな製品なのか、形状からカラバリ、価格など調べてみました。

製品本体の詳細

価格 本体 4,980円(税込)
交換用ポッド 1,980円(税込)
サイズ 108mm×16mm×8mm
重さ 20g
カラーバリエーション ホワイト1色のみ
本体製造国 アメリカ
リキッド製造国 クラシックヘンプフレーバー スロバニア:フォーマヘンプ社製
レモンヘンプフレーバー イギリス:アステカ社製

本体パッケージに含まれる物

本体のパッケージには

  • EMILI CBDバッテリー本体×1
  • EMILI CBD専用ポッド×1
  • 充電用USBケーブル×1

が含まれています。

このセットだけですぐにEMILI(エミリ)を吸い始めることができます。

※楽天市場では期間限定で10%OFFクーポン配布中

交換用ポッドは最大180回の吸引が可能

EMILI(エミリ)は『ポッドカートリッジ』という物を使用します。

このポッドは約170~180回の吸引が可能となっています。

1度の喫煙タイムで10回吸引した場合、
18回の喫煙タイムを過ごせる感じですね。

本体はスリムで持ちやすい

パッケージはタバコより少し大きめの箱になっていますが、電子タバコ自体はスリムでコンパクトになっています。

見た目は長いUSBメモリという感じ。

カラーはホワイトしかない

パッケージは黒の『CLASSIC HEMP FLAVOR』と、黄色の『LEMON HEMP FLAVOR』がありますが、開封するとどちらも同じ物が入っています。

リキッドはオーガニック有機栽培で安心の会社

リキッドの生産国は日本ではありませんが、オーガニック有機栽培の麻から高品質のCDB製品を生成することで高評価を得ている安心の会社です。

EMILI(エミリ) CBDの会社

EMILI(エミリ)を販売しているのは『EMILI(エミリ) JAPAN』という会社です。

アメリカの電子タバコ会社の『smiss Co.,Ltd』と、日本の代理店である『株式会社SIGA』が、EMILI(エミリ)を日本向けに進化させ、安全性を追求することを目的に作られた会社です。

ちなみに、『smiss Co.,Ltd』はアメリカで電子タバコのトップシェアを誇っているほど有名な会社なんです。

EMILI(エミリ) CBDの使い方

吸い方

  1. 専用ポッドを本体にセットします。
  2. 吸引口から吸引、オートスイッチ機能で吸うだけで電源がONになります。

EMILI(エミリ)を美味しく吸うポイントは、吸い込んだ蒸気はすぐに吐き出さず、肺にしっかり吸い込んで10秒ほど肺に留めることです。

充電方法

LEDが点滅したら充電が必要だという合図です。

専用のUSBケーブルで充電しますと、45分程で充電が満タンになります。

ACアダプターを使う場合は5V以内にしましょう。

ポッドカートリッジの交換

吸いづらくなってきたらポットカードリッジの交換が必要です。

リキッドを注入する必要はありませんので、手を汚さずに簡単に交換することができます。

EMILI(エミリ) CBDのデメリット

タバコの代用にはならない

ニコチン・タールといった成分が含まれていませんので、『ヤニくら』や『キック感』などを求めている人には向かないでしょう。

CBDの効果が実感しにくい

冒頭でもお伝えしたとおり、CBDは医学・薬学的研究論文で発表されるほどに注目されている成分です。

ですが、EMILI(エミリ) CBDのように、蒸気として吸い込む方法は効果が表れるのは遅いです。

本当にCBDの効果を実感したいのであれば、CBDオイルを直接飲む方がいいでしょう。

もちろん、EMILI(エミリ) CBDにも間違いなくCBDが含まれているので、効果が表れないことはありません。

「他の電子タバコを吸うくらいなら、一緒にCBDも吸っちゃおう!」というように、一石二鳥感覚でいるのがいいかもしれません。

値段が高い

ポッドは約170~180回の吸引が可能となっています。

先ほど計算したとおり、

1度の喫煙タイムで10回吸引した場合、
18回の喫煙タイムを過ごせる

というのが、だいたいの目安になります。

18回の喫煙タイムというのは、1日に3回あった場合は6日間でポッドを交換することになります。

ポッド1個が約2,000円ですから、1日約333円となり、紙タバコより少し安いくらいにしかなりません。

タバコ代を安くするために電子タバコを探している方は、他の電子タバコにした方がいいでしょう。

EMILI(エミリ) CBDのメリット

リラックス成分のCBDが手軽に摂取できる

なんと言っても、EMILI(エミリ) CBDのいいところは手軽にCBDが摂れることです。

CBDは以下のリラックス効果が期待できます。

  • 不安で落ち着かない、ストレスを感じる時に心が落ち着く
  • 眠りが浅く熟睡した感じがない時の改善
  • 体の恒常性の維持

これほどの効果が、紙タバコからEMILI(エミリ) CBDに変えて吸うだけで得られるのは凄いことです。

CBDは世界中で使われている

CBDはカンナビジオールの略で、麻の主成分です。

日本ではまだ馴染みのない成分ですが、すでに世界各国では身体の恒常性・健康性の維持に有効なサプリメントとして接種されています。

EMILI(エミリ) CBDのリキッドは完全無農薬の100%オーガニックの麻が原料で、不純物が入っていないのもおすすめポイントです。

EMILI(エミリ)はシリーズ化された電子タバコで、実績が高い

実は、EMILI(エミリ)はCBDだけの電子タバコではありません。

CBD以外にも色んなシリーズが発売されている、人気の電子タバコブランドなんです。

中国産の電子タバコは安いコストで大量に製造し、製造した分だけをいっせいに販売して製造終了にすることが多いです。

そんな電子タバコ業界のなかでシリーズ化されるというのは大きな信頼の証明なんです。

EMILI(エミリ) CBDの感想・レビュー

吸いやすいという感想が多くあります。

また、喫煙者ではない人がCBDのリラックス効果を期待して吸い始めたという意見もありました。

フレーバーの感想は、クラシックヘンプは「草」っぽいとか、美味しくないと不評が多いです。

逆に、レモンヘンプは吸いやすいと好評です。

まとめ

EMILI(エミリ) CBDは、電子タバコというより健康器具に近いイメージでしょう。

それほどまでにCBDという成分が素晴らしく、他の電子タバコとは違った製品となっています。

CBDの成分を期待する方はもちろん、健康面を気にして電子タバコを探していたという方にはおすすめの商品です。

Copyright© ヘルシースモーカー | 電子タバコのおすすめをわかりやすく紹介 , 2020 All Rights Reserved.