電子タバコに使う『リキッド』って何?種類・おすすめまで詳しく紹介

投稿日:

電子タバコによっては吸うのに必要になってくるのが『リキッド』です。

リキッドには味や生産地など、色んな種類が販売されているため、どうしたらいいのかわかりづらいと思います。

このページでは、初めての方でもわかりやすいように

  • リキッドはどんなものなのか
  • リキッドの種類や違い
  • 買える場所

などを紹介しています。

おすすめのリキッドも載せていますので参考にしてみてください。

リキッドとは

リキッドは英語で『液体』という意味ですが、電子タバコの中でリキッドと言うと、

  • 煙のモト
  • 味のモト
  • 香りのモト

を混ぜ合わせた液体のことです。

具体的には

  • PG:プロピレングリコール
  • VG:ベジタブルグリセリン
  • 香料:フレーバー

を使います。

それぞれバラバラに買って自分で混ぜ合わせるのも楽しいですし、最初から混ざっていて すぐに吸えるものもあります。

リキッドはどこで買える?

PGは歯磨き粉に入っていたり、香料もジュースに入っていたりと、実は色んなところで使われています。

そのため、モトとなる液体はドラッグストアなどにも売っていますが、初めての方は電子タバコ専門店で買うのがいいでしょう。

直接買えるお店

実際に店舗があり、直接行ってリキッドを買うことができるところがあります。

リキッドはVAPE(ベイプ)という電子タバコで使われることが多いので、『ベイプショップ』と書いてあったりします。

直接お店で買うメリットは、試し吸いができたり、自分に合わせた味をブレンドしてくれることです。

店員さんがいるので、色々聞きながらリキッドを買うことができるのは嬉しいですね。

デメリットはお店が少ないことです。都心に近い方には問題ないかもしれませんが、地方など場所によってはお店がないことがあります。

◆おすすめの直接買えるお店

TOBACCO STAND

ネット通販

リキッドはネットで買うのが一般的だと思います。

ネットでリキッドを買うメリットは多く、

  • リキッドの種類が多い
  • 値段が安い
  • 好きな時に買える
  • 自宅に届くのでラク

などが挙げられます。

近くにリキッドを売っているお店がなかったり、仕事が忙しくて好きな時間に買いたい方などはネットで買うのがおすすめです。

デメリットは、店舗によっては送料がかかってしまったり、届くのに時間がかかることです。

まとめて買い置きしておくと、送料が無料になったり、なくなった時にすぐ使えますので上手く活用しましょう。

◆おすすめのネット通販

イータバコ

まとめ

リキッドはPG・VG・香料(フレーバー)が混ざり合った液体のことです。

その液体をリキッドタイプの電子タバコに使用して熱することで水蒸気が発生し、色んな味や煙の量を楽しむことができます。

種類が多くありますので、初めての方はネットの電子タバコ専門店でおすすめされているのを試すのがいいでしょう。

慣れてきたら自分好みのオリジナルリキッドを作って、電子タバコを楽しみましょう!

◆リキッドもカートリッジも使える電子タバコ

[duo]

Copyright© ヘルシースモーカー | 電子タバコのおすすめをわかりやすく紹介 , 2018 All Rights Reserved.