電子タバコでキック感を味わうことはできるのか。種類や吸い方を考察

更新日:

最近ではコンビニでも電子タバコが売られるようになり、簡単に試せるようになりました。
紙タバコを吸っている方は節約目的で使ってみた方も多いのではないでしょうか?

ただ、今まで紙タバコを吸っていた方だと、電子タバコは物足りなく感じませんか?
喉にガツンとくるキック感が電子タバコでは少ないと思いません?

じゃあ、"電子タバコでキック感は味わえないのか" ということで実際に調べてみたところ、電子タバコの種類や吸い方にもコツがあるようなので紹介したいと思います。

タバコのキック感とは

電子タバコから始めた方は何のことかわからないと思いますので簡単に説明しますと、キックとはタバコを吸った時に感じる刺激のことです。

人によって感覚は様々ですが、

  • 辛い感じ
  • 喉が痛い
  • ガツンとくる
  • ジンジャエールを思いっきり飲んだ感じ

なんて言われています。

また、キック感のことを『スロートキック』とも言ったりします。
スロートは日本語で『のど』のことで、意味は変わりません。

他にも『バーレーキック』というのもありますが、これはタバコの葉っぱである『バーレー葉』から感じるキックのことです。

キック感を味わうなら肺に煙を入れる

タバコの味わい方には『ふかす』のと『吸う(肺に入れる)』方法があります。

キック感をしっかり味わうなら肺に入れて吸うのがポイントです。

肺に入れる方法を詳しく知りたい方は『電子タバコが初めての人でもわかる!ビタボンの吸い方を詳しく紹介』に書いていますので読んでみてください。

電子タバコではキック感が味わえない?

本題になりますが、結論から言うと電子タバコに全くキック感がないわけではありません

では "どうしてキック感がないと思うのか" について考察を書いていきます。

ニコチン・タールが入っている電子タバコを選んでいない

よく間違えてしまう部分ですが、全ての電子タバコにニコチン・タールが入っているわけではありません。
特にドラッグストアやドンキで売られているようなものには入っていないことの方が多いです。

電子タバコの中でもニコチン・タールが吸えるのは

  • IQOS(アイコス)
  • glo(グロー)
  • Ploom TECH(プルーム・テック)
  • VAPE(ベイプ)などのリキッドタイプでニコチン入りリキッドを使う

になります。

そして、これらのほとんどが売り切れ状態なので、電子タバコでニコチン・タールを吸うのは難しいのが現状です。

キック感を味わう前に、電子タバコにニコチン・タールが含まれていない可能性がありますので確認してみてください。

紙タバコで7mg以上を吸っている人はキック感を味わいづらい

紙タバコの中でhi-lite(ハイライト)Peace(ピース)を普段から吸っている方は、電子タバコのニコチン・タール量じゃ満足できていない可能性があります(笑)

電子タバコの中でも一番キック感を味わえるのがIQOS(アイコス)ですが、IQOS(アイコス)ですら紙タバコの7mgくらいの感覚です。

なので、ヘビースモーカーには電子タバコでキック感を味わうのは難しいでしょう。

電子タバコでキック感を味わう方法

キック感が味わいづらいとしたって、どうしても電子タバコを使いたい方もいると思います。

周りへの副流煙や、部屋の壁紙にヤニがつくのを防いでくれたり、紙タバコでは絶対できない寝タバコができたり…(笑)

そんな方のために、電子タバコでキック感を "なるべく" 味わえる方法を紹介します。

吸い方を工夫する

上にも書いていますように、電子タバコの中で一番キック感を味わえるのはIQOS(アイコス)だと言われています。
そして このIQOS(アイコス)ですが、工夫して吸うと普通よりキック感を味わうことができるんです。

工夫と言っても簡単で、ボタンを押して緑色のランプが点灯したら、すぐ吸わずに20~30秒待つだけです。
これにより、IQOS(アイコス)がしっかり加熱されるのでキック感が増すんです。

さらに、緑色のランプが点灯して加熱が終わった後にヒートスティックを押し込む方法もあります。
これも原理は同じで、より加熱されることでキック感をより味わえるようになります。

詳しくは下のブログに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。

IQOSアイコスの吸えないを完全解消!!!ユーザー必見のIQOOSTとは⁉︎ | HIROGALE.com
話題沸騰中の【加熱式たばこ】【マールボロヒートスティック】IQOSアイコス!!初めて体験した時たばこと変わらない感覚を感じてIQOSアイコスに乗り換えた方も多いと思い...

ニコチン入りのリキッドを使う

VAPE(ベイプ)などのリキッドを使うことができる電子タバコに限られますが、ニコチン入りのリキッドを使うことでキック感を味わうことができます。

リキッドなので自分で量の調節ができますし、IQOS(アイコス)でよく言われる加熱不足の問題がないのも嬉しいポイントです。

さらに、リキッドなら自分の好きなようにブレンドできますので、メンソールと合わせたり、フルーツ系でもキック感を味わうことができます。

また、ニコチン入りリキッドの中には『マルボロ風』など、メーカーに似せた味のリキッドもありますので、紙タバコを吸っていた方には試しやすいと思います。

ニコチン入りリキッドは国内販売が禁止されていますので、個人輸入をする必要があります。
輸入と言っても、『ミスターリキッド』というサイトでネット通販と同じように購入できるので簡単です。

まとめ

紙タバコを吸っている方が電子タバコを吸うとキック感に物足りなさを感じてしまうかもしれません。

ですが、ニコチン・タール入りの電子タバコを使えばキック感を味わえないわけではありません。

おすすめはVAPE(ベイプ)にニコチンリキッドを入れて吸う方法です。少し手間がかかるかもしれませんが、IQOS(アイコス)Ploom TECH(プルーム・テック)でキックを感じなかった方は試してみてください。

人気のVAPE(ベイプ)

Copyright© ヘルシースモーカー | 電子タバコのおすすめをわかりやすく紹介 , 2020 All Rights Reserved.